関西芸術座

公演ヒストリー

公演No.94

戦争童話集

◆中学校巡演

「火垂るの墓」の原作者・野坂昭如の“忘れてはイケナイ物語り”。
戦争の悲惨な極限に生まれえた非現実の愛とその終わりを“8月15日”に集約して描く鎮魂の童話集を舞台化。

戦争童話集

あらすじOutline

 昭和20年8月15日―― 日本のある軍事工場。
軍人たちが機械を壊しトラックに積んで 逃げてしまったあと、取り残された少年・少女が、
しなびた風船を前に、呆然とたたずんでいました。

 彼らは「ふ号兵器」と呼ばれる 風船爆弾を作る為に集められた学生たちでした。
この爆弾は、ジェット気流という偏西風に乗って、 アメリカ本土へ二昼夜でたどりつく、 エンジンも燃料もいらない、日本の秘密兵器だったのです。
しかしこの日、日本は戦争に敗れ、風船は飛ぶこともなく、 ただのしなびた物体となっていました。
何をしていいのかわからない、 自分たちがどうなるのかもわからない学生たち。
その中で誰かが語り始めました。 そして次々に。
哀しいおとぎ話、自分たちの見てきた、聞いてきた戦争の童話を。

スタッフ&キャストStaff&Cast

STAFF CAST
原作 野坂 昭如 学生A 丸山 銀也
脚色 山本 雄史 学生B 紫翠 聖
演出 松本 昇三 学生C 岡村 直美
装置 野崎 みどり 学生D 郷原 慧
照明 根来 綾子 学生E 境谷 純
音楽 河野 良 学生F 恒川 愛子
音響 廣瀬 義昭    
音響オペレーター 大井 敦代    
小道具・衣裳 坂本 真貴乃    
舞台監督 辻村 孝厚    
振付 香奈 メイコ    
制作 柾木 年子    
菊池 久子    
宮崎 恵美子    
宣伝美術 高島 麻衣    

上演記録Performance Record

日時 場所 備考
2005/03/02-2005/03/06 関芸スタジオ スタジオ公演
2005/04-2008/03 中学校巡演  

ボイスサンプル

INFORMATION

  • 劇団員紹介
  • 演劇鑑賞行事をご検討中の先生方・団体さま
  • FUNFAN CLUB
  • お問い合わせ

関連リンク

  • 稽古場日記