関西芸術座

公演ヒストリー

公演No.93

少年H

講談社刊「少年H」より

◆関俳協新人研修事業参加
◆中学校・高校巡演

妹尾河童の300万部を超える大ベストセラー「少年H」を舞台化!!

少年H

あらすじOutline

 妹尾肇は、1930年、海や山で囲まれた神戸の町で生まれた。胸に大きく“H”と編み込んだセーターを着ていたので、友だちから“H”と呼ばれていた。洋服仕立て職人の父と、熱心なクリスチャンの母と妹の四人家族。ちょっと風変わりな家庭に育ったHは、自由奔放で好奇心と正義感が人一倍旺盛。毎日、友だちと忙しく遊びまわっている。時代と共に戦争色が濃くなり、仕事柄、外国人の客も多い父までもが、特高(警察)に連れて行かれる事件が起こる。
 小学生最後の夏休みを、妹と一緒に広島の田舎で過ごしたHは、祖父の田んぼの手伝いをしたりして、お百姓さんの苦労を知り、貴重な体験をし、一ヶ月に一センチ以上大きくなったような気がしていた。
 神戸二中に合格したHは、食糧難でひもじさが増していく上に、毎日軍事教練ばかり。教官にいじめられ、悔しい思いをする。
 そして、1945年3月17日、神戸の町に焼夷弾が落ちた。Hの家も全焼した。
 家をなくし、多くの犠牲者を見たHは焼け野原に立ち、どんなことがあっても自分以外の誰をも目指さない、と決心する。
 再び家族四人が揃った妹尾家の、新しい生活がスタートする。

スタッフ&キャストStaff&Cast

 
STAFF CAST
原作 妹尾 河童 妹尾 肇(通称H) 梶山 文哉
脚色 堀江 安夫 妹尾 盛夫(肇の父) 門田 裕
演出 鈴木 完一郎 妹尾 敏子(肇の母) 鴻池 央子
装置 柴田 秀子 妹尾 好子(肇の妹) 村崎 由佳
照明 福井 邦夫 治三郎/田森教官/コロス1 多々納 斉
音楽 ノノヤママナコ 金谷 克海
音響 須川 由樹 シゲさん(吉本繁男)/同級生2/二中生2/コロス6 城土井 大智
衣裳 中川 文 山田/コロス3 酒元 信行
小道具 坂本 真貴乃 森本 竜一
舞台監督 辻村 孝厚 須貝美智子/コロス2 岩村 春花
演出助手 大井 敦代 煙草屋のお婆ちゃん/雑炊食堂の女主人/コロス4 梅田 千絵
制作 柾木 年子 同級生1/二中生1/コロス5 増田 宏之(~2006年10月)
菊池 久子 松本 幸司(2006年11月~)
宮崎 恵美子ラジオの声 村上 かず

舞台写真Stage Photograph

少年H 画像1 少年H 画像2 少年H 画像3

上演記録Performance Record

日時 場所 備考
2003/09/04-2003/09/10 関芸スタジオ スタジオ公演
2003/10- 中学校・高校巡演  

ボイスサンプル

INFORMATION

  • 劇団員紹介
  • 演劇鑑賞行事をご検討中の先生方・団体さま
  • FUNFAN CLUB
  • お問い合わせ

関連リンク

  • 稽古場日記