関西芸術座

講師紹介

松本 昇三 (まつもと しょうぞう)
松本 昇三 略歴 関西芸術座附属演劇研究所所長。
演出家として関西芸術座公演をはじめ、西成区民ミュージカル、ささやま市民ミュージカル、泉佐野市民ミュージカルなど多くの市民参加型公演を手がけている。
コメント 子供の頃あんなヒーローになりたかった。
中学生の頃読んだ小説に涙した。
高校生の頃あんな生き方に感動した。
映画の主人公にあこがれた。
俳優を志す動機は様々でしょうが、何かを、又は誰かを表現したいと思い始めたところで、あなたの中で何かが動き始めているのだと思います。
役を演じようと努力することで、自分の中の何かを発見することでしょう。
私たちの演劇研究所は養成期間が一年ですので、俳優人生のほんの入り口でしかありません。
関西芸術座に入団するにしても、他の所で続けるにしても、いい俳優になるかどうかはあなた自身の問題ですが、その手助けができるように私たちは精一杯努力しようと思っています。
門田 裕 (かどた ゆたか)
門田 裕 略歴 関西芸術座代表。
俳優として舞台、映画、テレビなどで活躍。
関西芸術座の公演にも数多く出演し、演出も手がけている。
コメント あの時観た映画のあの俳優の素晴らしい演技はどうやって生まれたんだろう。
昔、そんなことを思ったのが、俳優の世界に入るきっかけだったのかも知れません。
素晴らしい表現は観ている側の心を引きつけます。
心を開放して、集中して、自分の心の中にある全てのものを思い切って表現してください。
そして表現できた時の喜びを感じてください。
その為のサポートが出来ればと思っています。
藤田 千代美 (ふじた ちよみ)
藤田 千代美 略歴 女優として、舞台やテレビドラマで活躍する他、ナレーターとしても活動。
「永遠の青空」で大阪新劇フェスティバル女優演技賞受賞。
座内作家としても手腕をふるい、関西芸術座の脚本、脚色も数多く手がけている。
コメント 「役者の仕事」
舞台というのは不思議な空間だ。 戯曲と云う架空の世界で、役と云う自分とは別の人間になり、台詞と云う創られた言葉を喋り、制約された時間の流れの中を生きて行く。
本物か偽物かと言うなら、全てニセモノ・ツクリモノてことになるのだがー
この架空(ウソ)と現実(ホント)の振り幅の中で、相手役と関わりながら己の居場所を紡ぎ出していくのが役者の仕事だ。それは決して簡単な作業ではない。たった一つの≪台詞≫が言えなくなることもある。現実ではない世界の中で心を動かすてのは決してたやすいものではないと思い知るからだ。そんな時役者は苦しむ。ひどく苦しむ。
でも真っ直ぐに役に向き合い続ける中で、間違いなく己のコトバとして発せられる瞬間に出会った時、その≪台詞≫は無限大のエネルギーを秘めベクトルが孤を描いて舞台から放たれる。たった一つの≪コトバ≫が観客席の人々のココロに突き刺さる!
そんな輝くような瞬間を実感できるのが役者の醍醐味かもしれない。
舞台というのは不思議な空間だ。役者というのは不思議な仕事だ。とオモウ。

ボイスサンプル

INFORMATION

  • 劇団員紹介
  • 演劇鑑賞行事をご検討中の先生方・団体さま
  • FUNFAN CLUB
  • お問い合わせ

関連リンク

  • 稽古場日記